jcssは、計量トレーサビリティに基づく校正制度です

基準器はjcssに認定を受けたものを使用するのがいいです。なぜなら近年日本においては国家計量標準整備が進み、計量にはトレーサビリティによる基準器が国際標準にかなったものといえるからである。欧米では、計量トレーサビリティによる基準検査しか法定計量制度に基づく校正が行われたと認めていないからです。
日本では、測定の不確かさを判断の基準としていない適合性の検査による制度とさかのぼって計測器の標準性を認定する国際標準の制度が並立しているのが現状です。これには、いろいろな事情があります。都道府県の検査機関の検定を受けた計測器は国際標準の制度で校正を受けたものではありません。
検定制度が、2つあるのはそもそも一定幅に計測器が入っていれば、計量トレーサビリティの基準にあっていなくても使えるという考え方があるからです。

そもそもjcssの制度とはどういう制度ですか

計量法は、平成5年に改正されて、計量器のグローバル化に対応していくことになり最大7年間の猶予を置いて施工が求められている。
適用を受ける計量には、長さ、質量、時間など65の項目が含まれます。計量器のうち取引・証明に使用される計量器は、タクシーメーター、電力量計など日常に使われるものがふくまれています。
これらの計量器は、本来jcssの認定する国際機関が検証した標準器によって校正されるべきであります。国内において最上位であると認められている登録業者が校正した計量器は、認定証明書を取得した商品として認められています。一般使用者はこの証明書のついている計量器は、国際標準の測定が可能な誤差のない商品だと安心して購入することができるのです。それだけに権威のある証明だといえます。

国際標準に合っていることの必要性

基本的に、世界の計量単位は統一しよう、対象になる計量器は世界で通用する国際標準の製品であることを、国際機関は求めています。日本の計量器機器もそれに合わせて国際標準にする必要があるということで、法改正と登録業者の認定制度ができあがり、信用のおけるトレーサビリティにかなった計量器を使用しようということでできた制度です。一時的に延期されたのは、国際的に認められた標準計器が手に入りにくく、取り入れると費用がかさむという問題がありました。
ただし、対象になる計量器の数は多く、計量器が国際標準ではないということは世界的に認めてもらえないということです。国際標準にあっていることは、この制度を定着させることが必要であることを示しています。海外で使用する場合に、使えない計量器でいいのかという問題であることを理解する必要があります。

ターゲット層は、電気の取引に使用する電気機器の検定を必要としている企業や貸ビルやアパートを経営する個人です。 電気計器検定所の技能試験の特別料金は、技能教科で優秀な成績の場合、通常料金2800円と比べて、1700円です。 当社の強みは、エネルギーの供給のための計器が適正かなどを公平公正、中立的な立場で検定を行なっている事です。 jcssの校正はJEMIC